このサイトで心配事はなくなる!SRコンサルティング企業で安心!

各社の総合評価早見表

Home > コンサルティング企業について > SRにおけるコンサルティングの役割

SRにおけるコンサルティングの役割

IR(Investor Relations)とは、企業の投資家に対する情報提供で、投資判断に必要な情報を公平かつ継続的に行います。
企業はIR活動を通じて投資家等と意見交換することになり、お互いの信頼関係を高める意義があります。
それによって、資本市場での自社の評価にもつなげることができ、企業価値を高めるキッカケにもなります。
加えて、外部の厳格な評価を受けることで、経営の質の向上を図ることにもなります。
一方、SR(Shareholder Relations)とは、企業と株主の信頼関係構築活動を意味し、自社の株主との信頼関係を目指すことになります。
IRが一般的な投資家を対象とするのに対して、SRでは自社の株主と対象が限定されるのが特徴です。
株主との双方向のコミュニケーションを良好にすることで、長期安定的な株主基盤を構築し、安定経営につなげることを目的とします。
企業コンサルティングでは、IRに関しては勿論、SRに関しても効果的なアドバイスを提供することになります。



企業の資金調達に資するSRのコンサルティング

SRとは、シェアホルダーリレーションズの略称です。
インベスターリレーションズの略であるIRは、投資家に対して投資に有用な情報を提供して投資家との間で信頼関係を構築し、更なる投資の誘引を目睹しています。
これに対してSRは、株式を発行している企業が行う株主への対応、株主との関係構築を意味します。
すなわち、IRがこれから投資をしようとする人へのものであるの対して、シェアホルダーリレーションズは自社の株主に働きかける活動です。
株主は、基本的には自分のために活動を行います。
このため、株式が上がった時点で売却して、購入価額との差額により収益を得ます。
一方で、長期的に株式を保有して、配当金収入を得ることを目的とする場合もあります。
企業にとっても、長期的に株式を保有してくれる株主がいてくれることは、資金調達の面でも安定性を得ることができます。
そのために株主を対象にSR活動を実践しますが、効果的な方法を見いだすために、外部のコンサルティングに依頼して分析することも有効です。



企業経営に必須のSRをコンサルティング

企業の経営には株主へのIR、インベスター・リレーションズに加え、SR、つまりシェアホルダー・リレーションズの推進が必須の時代となりました。
IRの強化をおこなうことで、企業は投資家を含む株主に対して経営状態のアピールを行い、企業の株式購入を促しますが、SRはより直接的な株主とのコミュニケーションを図ることで、企業と株主との信頼関係を生み出す効果があります。
インターネット証券会社の活性に伴い、限られた投資家だけでなく一般の投資ユーザーが増加したことで、SRはより重要性を増すこととなりました。
一般株主に対して企業のアピールを行なうには、これまでのIRとは異なる方策があります。
そのため、専門のコンサルティング会社を利用し、コンサルタントの指導を受ける方が適切でしょう。
効果的な株主アピールを行うことで、長期安定的な株主基盤を構築することが可能となります。

次の記事へ

カテゴリー