このサイトで心配事はなくなる!SRコンサルティング企業で安心!

各社の総合評価早見表

Home > コンサルティング企業について > SRのコンサルティングとは何をするのか

SRのコンサルティングとは何をするのか

SRとは、Shareholder Relationsの略称であり、日本語では株主に対するアプローチといえるでしょう。
上場企業において、このSR活動はかなり重要なことになります。
株主との信頼関係を築く為の行為となるわけです。
そして、その為にコンサルティング業者にお願いする、ということがあったりします。
何に関する手伝いをしてもらうのか、といいますと例えば敵対的買収に対する方策とかIR関係を伝えるためのツールなり会を開く時のノウハウ、議決権行使勧誘などです。
株主との対話のために必要な窓口運用などもします。
これには外国人機関投資家なども含めますから、当然、外国人との話し合いをすることもあります。
こうした窓口はなかなかその企業単体で用意することが難しいことでしょう。
その為、コンサルティング業者に依頼して対策をしてもらう、というのがかなり多くあるわけです。



SRのコンサルティング内容とは

SRは株式に対する建設的な話をする行為になります。
株主に対するアプローチ活動といってもよいでしょう。
企業と株主が信頼関係を築く為の様々な行動のことをSRといいます。
独立した部門を作る企業もあり、物凄く重要視されているところといえるでしょう。
株主判明調査やIRに対するディスクリプション、敵対的な買収に対する防衛策、或いは既に起きているのであれば対抗策も考えたりします。
これらの業務を支援することが仕事になっているのがSRコンサルティングといいます。
業者としてやっていることがあり、部門の設立、窓口の設置などを委託してしまう企業も多いです。
依頼する企業は当然ながら上場企業であるわけですが、大きな企業であってもどうしてもこうした部門はなかなか作りにくいことも多く、とにかく維持コストもかかりますから、委託してしまうことが多いです。



より良いSR活動を行うコンサルティング

株式投資を行う投資家の意識が変わってきました。
株式投資を行う人の知識があがり、多様化した見解で企業を応援するようになりました。
その為、従来の企業商品の還元だけでなく企業として社会にどれだけ価値のある仕事をしているかという活動を見えないところで行うのではなく、PRすることで、企業と株主がより深いつながりを持ち、株主がこの会社ならば長いつきあいをしたいと安定的な信頼関係を築くためにの様々な活動のことをおこなっていくことがSR活動と言います。
SR活動は社会貢献的活動も多く、通常の企業業務とはかけ離れた活動を行う場合もあります。
不慣れな活動をスムーズに運営し、安定的な信頼関係を築くサポートを行うコンサルティング会社も増えています。
その会社のサポートがあるおかげで企業も安定した株主を確保できている会社が増えています。

次の記事へ

カテゴリー