このサイトで心配事はなくなる!SRコンサルティング企業で安心!

各社の総合評価早見表

Home > コンサルティング企業について > SRのコンサルティングをしてもらう

SRのコンサルティングをしてもらう

上場している企業は単純に株式を公開しているだけでなく、株主に対する広報もしています。
自分たちの企業が魅力的であることをアピールするわけです。
それがSRになります。
このSRははっきりいってノウハウがないとなかなか上手く出せないことが多いです。
SR活動とは、企業と株主との信頼を強くする為、信頼関係を築くためのさまざな活動のことを指します。
正しい情報を出すこと、経営方針をはっきりとさせることなど、或いは株価を下げない努力をしていることをアピールして長期的に株主になってくれるようにアプローチするなどやれることはいくつもあります。
しかし、やり方がわからない、効果的な方法はなんなのか、と多くの企業がなってしまうわけです。
その時にはコンサルティング業者に助言、フォローをお願いするとよいでしょう。
証券アナリストや機関投資家、証券メディアに対しての見学会などをやったりもします。



SR活動を行うためにコンサルティング業務を選ぼう

SR(Shareholder Relations:シェアホルダー・リレーションズ)とは、企業と株主との信頼関係築くための活動のことを指します。
その活動を助けるために、各企業は様々なコンサルティングサービスを用意しています。
具体的な内容としては、適正な企業価値の確認をし、市場の評価との比較を行い、株の買収などへの防衛策など、それぞれの企業のニーズにあった効率的な活動を提案し、個人株主と機関投資家とのコミュニケーション対策の委託先の企業に提案をしています。
企業と株主との双方のコミュニケーションを推進することで、市場での企業の信頼性や安定的な企業活動につなげていく目的もあります。
しかし、高度な専門性は必要とされる活動のため、コンサルティング業務ができる会社をパートナーをして選び、業務を委託することが多いようです。



SRはコンサルティング業者に依頼する

SRは上場企業において、相当に大事になっています。
これは株主に対する広報の一つであり、そうしたことをすると株主との関係を強化できたりします。
その為、SRはかなり重要な行為になっています。
大企業においては、専門の部門がいるくらいです。
そもそも何をすればよいのか、ということからわかっていない企業もあったりします。
そんなところは素直にコンサルティング業者にお願いするようにしましょう。
どんなことから始めるべきか、何か催し事をするべきか、どんなアピールをしたらよいのか、という企画からやってくれることになります。
当然、費用はかかることになりますが、一種の株価対策でもありますし、経営においてとても重要な要素になっていますから、少なからず費用をかける価値があります。
よいSRコンサルティング業者を見つけて、株主対策とすることです。

次の記事へ

カテゴリー