このサイトで心配事はなくなる!SRコンサルティング企業で安心!

各社の総合評価早見表

Home > コンサルティング企業について > SRの促進のための総合的なコンサルティング

SRの促進のための総合的なコンサルティング

各信託銀行では、有価証券上場規程上設置が義務付けられている株主名簿管理人として、株式の発行会社に代わって、株式に関する事務を行う証券代行業務を行っています。
株主名簿の管理、株主総会の招集や通知、株主総会での議決権行使結果の集計、配当金の計算や支払いなどの複雑多岐にわたる業務を代行しています。
また、企業価値の向上のため、IRの促進やSRの促進のためのコンサルティングを企業実態に応じて適切に行っています。
「個人投資家との関係性を深めたい」や「機関投資家との長期的な関係を築きたい」など様々なニーズに応え具体的なIR/SR施策のスケジュールを策定したり、敵対的買収から防御策を考えて会社を守ります。
また、企業診断を行い適正な会社の価値を知り、株主の構成や議決権行使の分析などを通して課題を明確にし、それぞれの課題に合った財務的な戦略を立ててくれます。



SRは何を指し、そしてそのコンサルティングとは

SRとはシェアホルダー・リレーションズのことをいい、株主と良好な関係を築くための活動などといった意味を指しています。
またその上でSRの活動を支援していく立場にある人を、SRコンサルトと呼びます。
コンサルティングを行なっていくことに関しては、企業の正確な株主構造を把握するという点が中心となってきます。
また株主総会などを開く際に様々なサポートを行ったり、敵対買収などの有事の際には議案コンサルティングや賛成票確保活動、議決権行使促進活動などを行っていきます。
その中で、株主との対話は企業にとって最も重要なものであり、株主との関係作りを示しているリレーション構築は難しくもありますが、この活動を行なっていくことで、双方向からのコミュニケーションがとれることにより、長期安定的な株主基盤の構築に繋がっていくことができるでしょう。



SRというハイテク、コンサルティング経営者は利用

SRとはヘッドマウントディスプレイを利用して、過去や今現在の記録した動画を写し出す仕組みです。
その以前に撮影した動画を幾つか同時に投射させる事が可能です。
不思議な仕組みとして、頭を動かした時に過去と今現在の目線を変更できます。
以前の出来事と現在に生じている事柄の二つを写し出すことで心理と認知の実験に活用していこうというアクションです。
コンサルティング経営者はSRを導入して活躍の幅を広げています。
現代では機械化が目立つ傾向にありますから、ハイテクノロジーな機材を用いて企業や会社の行動可能範囲を拡大している所が増えています。
コンサルティング経営者もその中の一つに入りますが、その者達の業務は主に「クライアントの活動をサポートする」事が中心です。
企業の経営において発展する様に補助を行うのが基本的な業務となります。

次の記事へ

カテゴリー